節約

『SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)』レギュラー品とアウトレットモデルの違い

この記事はこんな人におすすめ

☑️スコッチグレインの靴をアウトレットで買いたいが、質が悪くないのか心配
☑️スコッチグレインのレギュラー品とアウトレットモデルの違いを知りたい
☑️アウトレットで実際にスコッチグレインを購入した人の話を聞きたい

スコッチグレイン土岐店(アウトレット店)でSCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)のアウトレットモデルであるF0486を22,000円で購入しました。

f:id:tousi-no-start:20220819184911j:image

アウトレットではないレギュラー品のスコッチグレインは、3~5万円くらいするものが多く、普段履きのビジネスシューズとしては高額です。

節約になるかなと思い、以前から気になっていたアウトレットモデルを買ってみました。

購入してみて、レギュラー品と比較しても見劣りせず、十分に高級感のあるシューズだと思いました。

この記事は、『スコッチグレインのレギュラー品とアウトレットモデルの違い』と『スコッチグレインのアウトレットモデル F0486の使用感』についてまとめたものです。

 

 

スコッチグレイン『レギュラー品』と『アウトレットモデル』の違い

スコッチグレインのアウトレットモデルは、傷物・B級品というわけではありません。

レギュラー品との違いは、甲革(こうかわ)の部分です。

甲革とは、その名の通り、靴の甲部の表革として使用される革のことです。

アッパーとも呼ばれます。

アウトレットモデルは、この甲革に「トラ」「血筋」が多く入っています。

「トラ」とは、大きな線状のシワや帯状の色ムラのことをいいます。

牛の皮にはダブつきがあり、大きなひだのようになっています。

その皮を鞣して平らな革にするとき、どうしてもひだの折れ目が筋状の痕として残り、まわりより少し薄い色に染まります。

その模様をトラといいます。

また、「血筋」とは、血管の痕が革に残ったもののことをいいます。

スコッチグレインのレギュラー品は、この「トラ」と「血筋」の割合が少ない革を使用してつくられていますが、アウトレットモデルは「トラ」「血筋」が多く入った革を使用しています。

革を大切に使い切るためだそうです。

このように、アウトレットモデルは甲革の部分の革が多少違うだけで、傷物やB級品というわけではありません。

 

『スコッチグレイン F0486』の使用感

まず、スコッチグレインF0486の見た目は、普通にかっこよく、レギュラー品と比較して安物に見えるということはなかったです。

f:id:tousi-no-start:20220819184911j:image

限定企画品として売られていました。

f:id:tousi-no-start:20220819192152j:image

アッパーの「トラ」「血筋」は特に目立ちません。

鏡面磨きの輝きもしっかりでます。

f:id:tousi-no-start:20220820015040j:image

f:id:tousi-no-start:20220819184940j:image

f:id:tousi-no-start:20220819184959j:image

履いてみた感じは、レギュラー品と比較すると若干固い気もしましたが、履いているうちに革が柔らかくなっていくので、あまり気になりません。

普段28cmのスニーカーを履いている自分には、-1.5cmの26.5cmがぴったりでした。

僕はリーガルの革靴も26.5cmを履いているので、サイズ感は他の革靴と同じくらいです。

履き心地は、レギュラー品と比較してもあまり変わらず、窮屈な感じはなかったです。

 

以上、スコッチグレインF0486のレビューでした。

スコッチグレインのアウトレット品は、オンラインでも購入できます。

いい革靴を買いたいけど、節約したいという方は是非検討してみてください。

スコッチグレイン・オンラインアウトレットストア

スポンサーリンク

-節約