楽天マガジン

『日経マネー』を無料で読む方法

ぎもんさん

『日経マネー』をお得に読むにはどんな方法があるの?

『日経マネー』は株式投資の情報を扱う雑誌です。

Kei

最新の情報から、アナリストによる予想株価など、役に立つ情報が多く、僕も毎月読んでいます。

しかし、日経マネーは763円(税込)のため、年間9,156円とかなりの負担となってしまいます。

そこで、この記事ではそんな『日経マネー』を1ヶ月の間無料、さらにそれ以降も多くの雑誌を格安で購読できるお得な方法を紹介します。

結論から言うと、楽天マガジンに登録するという方法です。

数ある雑誌読み放題サービスの中でも楽天マガジンが値段的に最もおすすめです。

また、楽天マガジンは1ヶ月の無料期間中に解約することも可能です。

そのため、楽天マガジンを気に入らないと思った場合、無料期間中に解約をしてしまえば、完全無料で目当ての雑誌を読むことができます。

この記事は、『日経マネー』をお得に読むことができる楽天マガジンについて解説します。

楽天マガジンとは

楽天マガジンはスマホやPCで好きなだけ雑誌を読むことができる、雑誌読み放題サービスとなっています。 

楽天マガジン

楽天マガジンに登録するメリットは次のようになっています。

  • PCでもアプリでも雑誌が読める
  • 読める雑誌は1,000誌以上
  • 一部のバックナンバーを読める
  • 最初の31日間は0円で読める
  • 無料期間中の解約が可能
  • 月額418円(税込)、年額3,960円(税込)
  • 楽天ポイントが付与される
  • 楽天ポイントで支払える
  • ケータイキャリアの縛りなし

楽天マガジンを利用すれば、『日経マネー』を1ヶ月無料で読むことができます。

無料期間中の解約可能なので、楽天マガジン自体が気に入らなければ本当に0円で目当ての雑誌を読むことができます。

また、2ヶ月目からも月額418円(税込)と、雑誌1冊を買うよりもかなり安い値段設定になっています。

さらに、年額プランにすれば1ヶ月の負担は330円(税込)となり、月に雑誌を1冊でも購入している人は、楽天マガジンに登録するだけでかなりの節約になります。

ただし、楽天マガジンはデメリットもあります。

デメリットは次のようになっています。

  • 一部読めないページがある
  • モデルが白抜きになっていることがある
  • 付録はついてこない

まず、1つ目のデメリットとして、本来雑誌に載っている、広告や一部内容がカットされていることがあります。

また、権利の関係でモデルが一部白抜きになっていることがあります。

ただ、カットされている量は、そこまで多くないので僕はあまり気になりませんでした。

3つ目のデメリットは、紙の雑誌本体を購入するわけではないので、もちろん付録やクーポン等はついてこないということです。

しかし、これは楽天マガジンに限らず、すべての雑誌読み放題サービスにあることです。

楽天マガジン以外の雑誌読み放題サービスは?

楽天マガジン以外にも、雑誌読み放題サービスは多く存在します。

楽天マガジンを含め、有名な3サービスを比較した記事はこちらになります。

3サービスを比較したところ、利用料的に楽天マガジンが1番お得なサービスでした。

そのため「楽天マガジンで取り扱っていないマイナーな雑誌を読みたい」という場合以外は、楽天マガジンに登録することをおすすめします。

『日経マネー』をタダ読みする方法【まとめ】

楽天マガジンを利用すれば『日経マネー』を1ヶ月無料でを読むことができます。

無料期間中の解約可能なので、楽天マガジン自体が気に入らなければ本当に0円で目当ての雑誌を読むことができます。

また、無料期間が終わっても楽天マガジンなら数ある雑誌読み放題サービスの中でも低価格でたくさんの雑誌を読み続けることができます。

楽天マガジン

雑誌を月に1冊でも買っているという人は、楽天マガジンに登録すればかなりの節約になるので是非利用してみてください。

スポンサーリンク