投資のSTART

『投資』『副業』『節約』の情報を発信

PER(株価収益率)とは

無料 本を読んでテーブルの近くの椅子に座っている青いジャケットを着ている女性 写真素材

 

 

PERとは

PER(株価収益率)とは、Price Earnings Ratioの略で株価が1株あたり純利益の何倍になっているのかをみる投資尺度です。

数式 株価÷1株あたり純利益(EPS)

もしくは、時価総額÷純利益でも表すことができます。

現在株価が企業の利益水準に対して割高か割安かを判断する材料として利用されます。

数値が低いほど割安。

判断は当期の予想値を用いるのが一般的です。

 

PERの注意点

PERを投資材料とする際は、注意点がいくつかあります。

まず、鉱業などの利益が市況に左右される業種では、一般的な水準値の約15倍から乖離している場合があるので注意が必要です。

東証のHP「その他統計資料」では、市場区分や業種ごとに単純平均・加重平均が公開され、随時最新情報が更新されています。

東証のHPを参考にしてから割安か割高かを判断してください。

2つ目の注意点は、今後業績の伸びが鈍化したり、悪化したりすると予想されているため、PERが低いままで放置されているという場合があるということです。

「PERが低い」=「割安で買い」というわけではないということです。

3つ目の注意点として、赤字になると1株あたりの利益がマイナスとなるため、まともなPERが計算されないということです。

その場合、PERは0.00倍となり、投資対象が除外されることが多くなります。

しかし、赤字の原因が一時的なものであれば、黒字転換したときに株価が急上昇することもあるため、PERにこだわりすぎて、チャンスを逃すということがないようにしましょう。

大切なことは、PERを見るだけでなく、他の指標も参考にして最終的な投資判断を下す必要があるということです。

 

最後に少し宣伝です。

株式投資についての用語や基本を勉強をしたいという方は、高額な商材やオンラインサロンは全く必要なく、『めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ザイが作った「株」入門 』のような信用のある本を読めば十分です。

基本的なことはこの本を読めば十分にわかるので、参考にしてみてください。