投資

ROA(総資産利益率)とは

ROAとは

ROA(総資産利益率)とは、Return On Assetの略で、企業がどれだけ効率よく資産を使って、どのくらい利益を生み出しているかを示す指標のことです。

%で表し、投資効率を測ることのできる指標です。

利益の部分は、営業利益を当てはめることで、本業の効率性と収益性が分かります。

経常利益を当てはめれば、すべての事業活動の効率性と収益性が分かります。

求め方は至ってシンプルです。

  • 当期純利益÷総資産×100

もしくは、売上高営業利益率×総資本回転率×100で表すこともできます。

数式から分かるように、株価と直接的な関わりはありません。

ROAを簡単に言うと、「総資産に対して、どれだけの利益をあげているのか?」ということです。

この数値が高いほど収益率が高く、資産に対して稼ぐ利益が大きいということになります。

効率のいい事業を行っている企業は、ROAが高まる傾向があります。

そういった資産効率のいい企業は比較的成長しやすいといえます。

逆に、ROAが低い企業は「成長性が乏しい」と判断され、投資対象から外されることがあるということです。

ROAの注意点

ROAを投資材料とする際は、注意点があります。

まず、ROAは一般的に5%を超えると優良企業と言われますが、業種ごとに異なるため注意が必要です。

鉄鋼・電力・鉄道といった、大規模設備や機械が必要な産業は、ROAが低くなる傾向があります。

逆に、IT企業のような大規模設備を必要としない産業は、ROAが高くなる傾向があります。

次の注意点は、ROAは総資産と利益の関係を示したものであるため、負債も総資産に含まれているということです。

企業は自己資本以外にも、金融機関からの借り入れや、社債発行による資金調達を行い、他人資本をつかってビジネスを行います。

つまり、事業を拡大するために、借金を使って先行投資をした企業のROAは一時的に低くなるということです。

また、借金をうまく使い、今後の利益率が高くなることはいいのですが、裏目に出て逆回転を始めると、借金が重くなって企業が大きくダメージをうけることもあります。

そのため、最終的な投資判断を下す際は、「負債を取り除いた純資産で計算されたROE(自己資本利益率)の確認」や「自己資本の割合を計算した自己資本比率の確認」などをして、総合的に企業分析をする必要があります。

最後に少し宣伝です。

株式投資についての用語や基本を勉強をしたいという方は、高額な商材やオンラインサロンは全く必要なく、『めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ザイが作った「株」入門 』のような信用のある本を読めば十分です。

基本的なことはこの本を読めば十分にわかるので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク