投資

EPS(1株当たり純利益)とは

無料 ソファ読書本に座っている男 写真素材

 

 

EPSとは

EPS(1株当たり純利益)とは、Earnings Per Shareの略で、企業の1年間の純利益を発行済み株式数で割った数字で、その企業が1年で1株当たりにいくらもうけているのかを表す指標のことです。

数式 当期純利益÷発行済み株式数

当期純利益とは、企業が1事業年度(通常1年間)にあげた収益から、税金費用を含むすべての費用を差し引いた利益を表します。

EPSを見れば何が分かるかを簡単にいうと、その企業の「稼ぐ力(収益力)」と「成長性」です。

EPSは企業の規模に関係なく、1株当たりの利益の大きさを表すため、数値が高いほど企業の収益力は高いといえます。

また、同じ企業の当期EPSと過去のEPSを比較すれば、企業がどれだけ順調に成長しているかを判断することもできます。

EPSが前期よりも伸びていれば、その企業は成長していると考えることができます。

 

EPSの注意点

EPSを投資材料とする際は、注意点があります。

それは、発行済株式数の増減によって変動するということです。

EPSの値は企業の当期純利益が増えると上がり、減ると下がるのが基本です。

しかし、株式分割や自社株買いなどによって発行株式数が変動すると、それにともない純利益を割る値が変化するためEPSも変化します。

過去のEPSと現在のEPSを比較する際は、株式分割や自社株買いなどが行われていないかを確認してください。

 

 

最後に少し宣伝です。

株式投資についての用語や基本を勉強をしたいという方は、高額な商材やオンラインサロンは全く必要なく、『めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ザイが作った「株」入門 』のような信用のある本を読めば十分です。

基本的なことはこの本を読めば十分にわかるので、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

-投資