投資のSTART

『投資』『節約』『副業』の情報を発信

『住宅ローン控除』と併用できる『すまい給付金』を知っていますか?

f:id:tousi-no-start:20200718112356p:plain

すまい給付金とは、住宅を購入した際に現金をもらえるお得な制度のことです。

しかし、この制度は宅建業者にとっては特にメリットがないため、あまりPRされておらず、認知度は低いものとなっています。

そこで、この記事では『すまい給付金』について解説をします。

 

 

 

すまい給付金とは

f:id:tousi-no-start:20200802130429p:plain

すまい給付金とは、国土交通省 すまい給付金の公式ページでは以下のように説明されています。

すまい給付金は、消費税率引上げによる住宅取得者の負担をかなりの程度緩和するために創設した制度です。消費税率8%時は収入額の目安が510万円以下の方を対象に最大30万円、10%時は収入額の目安が775万円以下の方を対象に最大50万円を給付するものです。

 つまり、すまい給付金とは住宅購入の際に「収入に応じて現金をもらうことができる制度」ということです。

 

 

なぜすまい給付金ができたのか

f:id:tousi-no-start:20200718125324p:plain

すまい給付金のはじまりは、消費税率が5%から8%に引き上げられた2014年となります。

このとき、増税による住宅購入の駆け込み需要の増加と、その後の反動による需要の減少を抑えるため、住宅ローン控除の最大控除額がそれまでの2倍である年間40万円、10年間で400万円に拡充されました。

しかし、その住宅ローン控除のメリットを十分に活かせるのは、年収が高い層のみでした。

そこで、年収が一定額以下の人向けに現金を支給する制度『すまい給付金』ができました。

また、2019年に消費税が10%になったため、すまい給付金の給付額がアップし、対象となる年収の上限もひきあげられています。

 

 

すまい給付金をもらえる条件

f:id:tousi-no-start:20200802130529p:plain

すまい給付金受給の主な適応条件は次のようになっています。

適応条件

☑ 住宅ローンの返済期間が5年以上

 または、現金で住宅を取得した50歳以上の人

☑ 対象となる住宅の床面積が50m²以上

☑ 収入が755万円以下

☑ 消費税がかからない場合は不可

 (個人から中古住宅購入など)

また、収入によって給付基礎額が変わります。

収入の目安額 450万円以下 450万超~525万円以下 525万超~600万円以下 600万超~675万円以下 675万超~775万円以下
給付基礎額 50万円 40万円 30万円 20万円 10万円

年収が450万円以下であれば、最大の50万円が給付されるということです。

 

すまい給付金をもらうには

f:id:tousi-no-start:20200718112702p:plain

注意が必要なのは、すまい給付金は住宅を購入すると、自動的にもらえるわけではないということです。

申請の方法は以下の3つがあります。

①『すまい給付金申請窓口』で直接申請

② 国土交通省 すまい給付金の公式ページで給付申請書をダウンロードして郵送

③ 住宅事業者に代行してもらう

いずれの方法も、審査を通れば給付金が振り込まれます。

詳細情報は国土交通省 すまい給付金の公式ページでも確認できます。

 

以上、すまい給付金についてでした。

申請すれば最大50万円という大きなお金が手に入ります。

住宅購入の際に、手続き忘れがないように注意してください。