投資のSTART

『投資』『節約』『副業』の情報を発信

毎月貯金できているならまずは投資信託

f:id:tousi-no-start:20200511172423j:plain:w800

みなさんはどれくらいの資産がありますか?

2019年の金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査【単身世帯調査】」によると、一人暮らしの場合の金融資産保有額は平均値が645万円(中央値45万円)となっています。
金融資産保有額とは貯蓄や金融商品を含みます。

では「あなたが、現在保有している金融商品は何ですか(複数回答可)」という質問を見てみましょう。
『預貯金を保有』と答えた人は94.1%、『株式を保有』と答えた人は19.6%、『投資信託を保有』と答えた人は16.8%となりました。
株式や投資信託の保有率の低さをみると、銀行口座に貯金をしているだけの人がかなり多いようです。

そこで今日は、「月々の貯金の一部を投資信託の積み立てに充てるメリット」をお伝えします。

月に5,000円を30年間貯金し続ければ、総額は180万円となります。
しかし、月に5,000円を年率3%の投資信託に30年間積み立てし続ければ、約290万円になります。
投資するとしないでは、おおよそ110万円の差がでます。

もし月々多少なりとも貯金できているのでいるのであれば、毎月5,000円からでもよいので投資信託の購入をおすすめします。
たかが5,000円でも、数十年間投資を続けたときの効果は非常に大きいものとなります。

今日は、投資の初心者でも簡単で、少額からでも取り組める投資信託についての記事です。


投資信託とは

投資信託とは「多くの投資家からお金を集め、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品」のことを言います。
集まった資金をどのように投資するかは、投資信託ごとの運用方針に基づいて専門家が行います。
要は、運用のプロにお金を預けて、そのプロがいろいろな株や債券などに投資をして資産運用をしてくれるというものです。
また、少額で分散投資ができるため、資産運用として多くの人が利用しています。

投資信託は、証券会社や銀行で積み立てる商品と金額を決めて申し込むだけの投資です。
あとはほったらかしで大丈夫です。
チャートを分析したり、一瞬の判断を迫られたりということはなく、本当にほったらかしで構いません。
僕もたまに確認はしますが、ほとんど何もせずほったらかしにしています。

投資はしたほうがいいのか?

貯金をすることはもちろん大切です。
しかし、毎月1万円でも貯金ができているのであれば、その一部を投資信託に回すことをおすすめします。
現在、三大メガバンクやゆうちょ銀行の普通預金の金利は0.001%となっており、この低金利では貯蓄をしてもお金は増えません。
一方、投資信託は誤った選択さえしなければ、年利3%は難しくはありません。

ただし、家計の余剰資金すべてを投資に回すことはおすすめしません。
やはり生活していくうえで「流動性の高い資産」はどうしても必要になってきます。
ケガや病気などの急にお金が必要になったとき、すぐに引き出すことのできる貯金のような「流動性が高い資産」は持っておきましょう。

また、投資信託は元本割れの可能性があるので、元本割れのない貯蓄とうまく組み合わせていくことが大切です。
投資はあくまで『余裕資金』で行うことをおすすめします。

では、どれくらいの金額で始めることが望ましいのでしょうか。

いくらから投資信託を始めればよいのか

投資信託の購入に関して、大きな初期投資や、毎月数万円のお金を無理に準備する必要はありません。
毎月5,000円でも3,000円でも1,000円でも問題ありません。
下の表は年率3%の投資信託を一定額積み立てた場合の結果です。
f:id:tousi-no-start:20200511172206p:plain
たった数千円でも、30年間続ければ複利効果により雪だるま式に資産が増えていきます。

いくらで始めるのが望ましいかは、目的とリスクを明確にして決めることが重要です。

自分が何のために投資を行うのかを明確にしてください。
例えば、老後の資産作りが目的なのか、子供にかかる教育費が目的なのかによって、最終的に必要な資金と時期が異なるはずです。

リスクに関しては、自分がどれくらいリスクをとれるかということを考えましょう。
「貯蓄がある程度できたから少し高めにリスクをとって多めに投資しよう」や「貯蓄が増えるまでは少額でリスク抑えめでいこう」といった、どれくらいの資金をリスクのある投資に回してよいかを判断してください。

何のために投資をして(目的)、どれくらいなら損をしても生活を脅かさないか(リスク)を明確にしてから投資をはじめましょう。

投資の経験がなく、よくわからないという人は3,000円からの投資でも十分だと思います。
3,000円でもまずは始めて見るということが重要です。
始めてみて、株式市場や世界経済に興味が出てきて「より投資したい」と思えば、あとから積み立て額を増やせばいいのです。

まずは始めることが重要

資産を増やしたいのであれば、まずは始めることが大切です。
「わからないから」「こわいから」という理由で投資を見送ってしまう人を多く見てきましたが、本当にもったいないと思います。
投資信託は、投資の初心者でも正しく付き合えば、低リスクで大きな利益を得ることの出来る資産運用です。

以上、投資の初心者でも簡単で、少額からでも取り組める投資信託についてでした。
どんな投資信託を選択すればよいかは以下の記事を参考にしてください。
www.tousi-no-start.com
今まで「投資について気になっていたが始められなかった」という人は、少額からでも資産運用として十分に有効な投資信託を始めてみてください。