投資のSTART

『投資』『節約』『副業』の情報を発信

『ポイント運用』と『ポイント投資』はどちらがいいのか

f:id:tousi-no-start:20200514173637j:plain

現在、多くの人がポイントカードを所持しています。

しかし、そのポイントをうまく使いこなせていない人は多いのではないでしょうか。

年に100万円分のポイントを稼ぐ達人、菊地崇仁氏によると年間で約4000億円分のポイントが失効されているようです。

また、使われていないポイントもかなりの額が放置されたままのようです。

 

そこで、放置しているポイントはポイント運用やポイント投資に回すことをおすすめします。

どうせ使わないポイントがあるのであれば、そのポイントは気軽に始められる運用や投資にまわすことで、さらに増える可能性があります。

しかし、ポイントの種類によっては、運用や投資に回すことで損をする場合があるので注意が必要です。

結論から言うと、「TポイントはSBIネオモバイル証券でポイント投資」「Pontaポイントはポイントとして使用」「楽天ポイントとdポイントはポイント運用」がおすすめです。

 今日は、ポイントのなかでも4大共通ポイントと言われている『Tポイント』『Pontaポイント』『楽天ポイント』『dポイント』のポイント運用やポイント投資についての記事です。 

 

ポイント運用とポイント投資の違い

まず、ポイント運用とポイント投資の違いについてです。

ポイント運用

株や投資信託などの値動きに連動することでポイントが増減するサービスです。

つまり、ポイントを使うことで投資の疑似体験ができるサービスです。

申し込みが簡単で、選べるコースが限られているため、初心者が利用しやすいものになっています。

ポイント運用後は、ポイントとして戻ってくるため、証券口座の開設の必要がありません。

ポイントさえあればすぐにでも利用を開始できるという手軽さがあります。

「投資を始めてみたいけど、実際のお金をつかのはこわいな」という人は、ポイント運用で投資のイメージをつかんでみるということもできます。

ポイント投資

ポイントを現金化できるサービスです。

実際の株や投資信託をポイントで購入することができるため、本当の投資を行うことになります。

実際の金融商品を扱うため、証券口座の開設が必要です。

最近では、ポイント投資により一株から実際の金融商品を購入できる証券口座もあります。

銘柄によっては10円程度から株も購入できるということです。

「投資を始めてみたいけど、いきなり大きな金額を扱うのがこわいな」という人にはうってつけのサービスです。

 

では次は、各ポイントはポイント運用かポイント投資のどちらを使うのがお得なのでしょうか?

 

ポイント運用か?ポイント投資か?

ポイント運用かポイント投資のどらを利用するべきかを各ポイントごとに見ていきましょう。

 

Tポイント

Tポイントにポイント運用と言われるサービスはなく、ポイント投資のみとなります。

Tポイントでポイント投資を行う場合は、『SBIネオモバイル証券』か『SBI証券』の口座開設が必要です。

投資の初心者であれば『SBIネオモバイル証券』がおすすめです。

SBIネオモバイル証券の口座開設はこちら

 

SBIネオモバイル証券は、月額220円(税込)で1ヶ月50万円までであれば、売買手数料がかからず、取引し放題となります。

また、SBIネオモバイル証券は、毎月『期間固定Tポイント200ポイント』と『通常Tポイント2ポイント』が付与されるため、実質月にかかる手数料は18円分となり、大変お得です。

1株から株を購入できることからも、初心者向けのサービスと言えます。

一方、SBI証券は取引ごとに手数料が発生し、ポイントで購入できる金融商品が基本的に投資信託となるため、新しく口座開設を考えているのであればSBIネオモバイル証券の方がおすすめです。

TポイントはSBIネオモバイル証券でポイント投資がおすすめです。

 

Pontaポイント

Pontaポイントはポイント投資ができず、ポイント運用のみのサービスとなっています。

Pontaポイントのポイント運用は、個別企業の株式やETF、REITなどの金融商品に交換することができます。 

f:id:tousi-no-start:20200515133314p:plain

また、20Pontaポイントから交換可能で、少ないポイントからでも運用を始めることができます。

しかし、Pontaポイントのポイント運用はあまりおすすめしません。

理由は手数料にあります。

Pontaポイントは「運用に利用していたポイントを、Pontaポイントに戻す際に、交換手数料5%が必要」となるためです。

かなりの手数料を必要とするので、僕はPontaポイントのポイント運用は行わず、普通の買い物の際にポイントとして利用しています。

Pontaポイントは普通にポイントとして使うのがおすすめです。 

 

楽天ポイント

楽天はポイント運用とポイント投資のサービスを利用することができます。

まずは、ポイント運用についてです。

ポイント運用は、100ポイントがら利用可能です。

アクティブコースとバランスコースの2つから選ぶだけなので、投資の初心者には分かりやすいですが、投資経験者にとっては少し物足りない仕様と言えるかもしれません。 

下の画像のように、「アクティブコースかバランスコース」を選び、「ポイントを追加するか引き出すか」を決めるだけのシンプルなつくりです。

f:id:tousi-no-start:20200515135201j:plain

アクティブコースは『楽天・インデックス・ファンド(株式重視型)』に、バランスコースは『楽天・インデックス・ファンド(債券重視型)』に連動しています。

特に手数料は発生せず、楽天・インデックス・ファンドをポイントで運用できるため、非常に得だと思います。

一方、ポイント投資は楽天証券での口座開設が必要です。

 

株や投資信託の購入の際にポイントを利用できるというもので、普通の買い物の際にポイントを利用するのと同じ感覚です。

楽天ポイントは、投資初心者であれば手数料のかからないポイント運用がおすすめです。

 

dポイント

dポイントはポイント運用とポイント投資のサービスを利用できます。

ただし、dポイントは『ポイント運用』のことを『ポイント投資』という名称で行っているので注意してください。

実際の株や投資信託をポイントで購入する場合は、『日興フロッギー』というサービスを利用することになります。

では、ポイント運用(ポイント投資)の説明についてです。

dポイントのポイント運用は『おまかせ運用』と『テーマで運用』に分かれています。

『おまかせ』はアクティブとバランスの2つに分かれており、アクティブは株式重視、バランスは債券重視のつくりになっています。

f:id:tousi-no-start:20200515134411p:plain


『テーマで運用』は、以下のようにいろいろなテーマから金融商品を選ぶことができます。

f:id:tousi-no-start:20200515134719p:plain

100ポイント単位での交換が可能で、手数料は無料です。

手数料無料で日経平均株価(日経225連動型上場投資信託)や米国大型株(iシェアーズ・コア S&P500)にポイントで手軽に投資できるのは非常に魅力です。

次に、dポイントのポイント投資にあたる日興フロッギーについてです。

日興フロッギーの利用は、SMBC日興証券の口座開設が必要で、100ポイントから株を購入できるというものです。

froggy.smbcnikko.co.jp

こちらも、他のポイント投資と同じように、株の購入するときにポイントを利用することができます。

普通の買い物の際と同じ感覚でポイントを利用できるということです。

dポイントは、投資初心者であれば手数料のかからないポイント運用がおすすめです。

 

おすすめのポイント利用法

4大共通ポイントは、以下のように利用することをおすすめします。

おすすめのポイント利用法

Tポイント

 ☞SBIネオモバイル証券でポイント投資

Pontaポイント

 ☞ポイントとして普通に使う

楽天ポイント

 ☞ポイント運用を利用

dポイント

 ☞ポイント運用を利用

TポイントのSBIネオモバイル証券で行うポイント投資は、非常に低額から実際の株を購入することができるためおすすめです。

Pontaポイントはポイント投資を行うことができず、ポイント運用の手数料も5%と高いことから、普通にポイントとして使ったほうがお得だと思います。

楽天ポイントとdポイントのポイント運用は手数料が無料ということが非常に大きなメリットです。

また、楽天ポイントとdポイントはポイント運用に慣れたら、楽天証券や日興フロッギーを利用して、実際の株を購入するポイント投資を行うこともおすすめです。

ポイント運用とポイント投資は併用することもできます。

 

以上、おすすめのポイント運用とポイント投資についてでした。

「放置されて眠っているポイントがある」という方は、是非利用してみてください。