投資のSTART

『投資』『副業』『節約』の情報を発信

バカでも稼げる「米国株」高配当投資【おすすめ書籍】

この本はこんな人におすすめです。

☑︎米国株投資に挑戦してみたい。
☑︎米国株投資といってもどんな企業に投資すればいいのかわからない。

この本は、8万部を突破したロングセラーとなっており、評価や評判のよいものとして有名です。

そこで、この記事は書籍『バカでも稼げる「米国株」高配当投資』のおすすめについてです。

 

 

『バカでも稼げる「米国株」高配当投資』はどのような本か

f:id:tousi-no-start:20200823104008j:image

この本の著者は、バフェット太郎さんです。

バフェット太郎
☑︎日本一アンチの多いと言われる米国株ブログ『バフェット太郎の秘密のポートフォリオ』の管理人。
☑︎日本の中小型株を23歳のときに300万円から投資を開始するが、2015年夏頃より米国株投資にシフトする。
☑︎現在の運用資産は5000万円で、コカ・コーラ株やジョンソン・エンド・ジョンソン株など、米国の超大型連続増配高配当株10社に均等分散投資している。
☑︎過去2年間のトータルリターンは30%弱となっている。

バフェット太郎さんは口が悪く、この本でも過激な表現が多いです。

しかし、内容はかなり堅実なものとなっており、タイトルの通り誰でもできるような投資法となっています。

なぜ米国株なのか、なぜ高配当株なのかということを、納得のいくわかりやすい表現で説明してくれている本なので、あっという間に読むことができました。

また、この本は芸人の中田敦彦さんのyoutube大学でも絶賛されています。

 

『バカでも稼げる「米国株」高配当投資』の内容

f:id:tousi-no-start:20200823103452p:image

この本の目次は次のようになっています。

第1章 本当は死ぬほど簡単な米国株投資
第2章 米国株が最強すぎる理由を挙げたみた
第3章 金が金を生む配当マネー・マシン その作り方
第4章 ど素人投資家への正しい投資の技法

 具体的な内容をまとめると次のようになります。

☑︎米国株高配当投資は配当金というお金を作り続けるマシンで、複雑な知識は必要ない。必要なことは1か月に一度程度のチェック。
☑︎株式はインフレに強く、今後のインフレ傾向を考えれば現金だけを持っておくのはリスクが大きい。
☑︎米国株は、下落することもあるが右肩上がりを続けている。また、配当金の連続増配企業は米国では100社以上、日本は1社のみである。為替、税制リスクを考慮しても、日本株よりも米国株に投資したほうがいい。
☑︎基本的にはS&P500のインデックスがよい。ただし、それだけではハイテク銘柄への比重が大きくなってしまう。そこで超大型連続増配配当株への均一投資がおすすめ。
☑︎バフェット太郎さんは、超大型連続増配配当株10社に均一投資している。作業は月に一回、一番評価額の低い銘柄を買い足しているだけ。
☑︎銘柄選択に困るならバフェット太郎さんの厳選した30銘柄の紹介を参考にしてもよい。
☑︎感情に動かされず、自分のルールを守る投資を行うこと。バイ&ホールドする。途中の利益確定は税金で損してしまう。

上記のように、堅実な投資方法を腑に落ちる説明をしてくれる本なので、米国株高配当投資の利点が非常によくわかる内容となっています。

 

まとめ

f:id:tousi-no-start:20200823103434p:image

この本は「米国株投資って少し難しそうだな。」と思っている人におすすめです。

やはり米国株というと難しいイメージをもつ人が多いと思いますが、この本を読めばそんなに難しいものでもないということがわかると思います。