投資のSTART

『投資』『副業』『節約』の情報を発信

PBR(株価純資産倍率)とは

無料 オレンジ色のペンを持っている人 写真素材

 

 

PBRとは

PBR(株価純資産倍率)とは、Price Book-value Ratioの略で、株価が1株あたり純資産(BPS)の何倍になっているのかをみる投資尺度です。

数式 株価÷1株あたり純資産(BPS)

もしくは、時価総額÷純資産で表すこともできます。

1倍よりも大きいと割高、1倍よりも小さいと割安と判断するのが基本的な見方です。

PBR1倍は株価と資産価値が同じということを意味します。

そのため、PBRが1倍を下回ると、株価が資産価値よりも安くなっているという状況となり、割安と判断されます。

 

PBRの注意点

PBRを投資材料とする際は、注意点があります。

それは、低PBRで割安なはずなのに、株価がなかなか上昇しない企業があるということです。

その原因は、収益力の低さにあります。

企業の収益力を表す指標にROE(自己資本利益率)というものがあります。

この数値が高いほど収益率が高く、資産に対して稼ぐ利益が大きいということになります。

効率のいい事業を行っている企業は、ROEが高まる傾向があります。

そういった資産効率のいい企業は比較的成長しやすいのです。

逆に、ROEが低い企業は「成長性が乏しい」と判断され、いくら低PBRでも投資対象から外されることがあるということです。

大切なことは、PBRを見るだけでなく、他の指標も参考にして最終的な投資判断を下す必要があるということです。

 

最後に少し宣伝です。

株式投資についての用語や基本を勉強をしたいという方は、高額な商材やオンラインサロンは全く必要なく、『めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ザイが作った「株」入門 』のような信用のある本を読めば十分です。

基本的なことはこの本を読めば十分にわかるので、参考にしてみてください。