投資

BPS(1株当たり純資産)とは

無料 紙に書き込もうとしている女性 写真素材

 

 

BPSとは

BPS(1株当たり純資産)とは、Book-value Per Shareの略で、企業の安定性を表す指標のことです。

会社を解散した場合の1株当たりの取り分に相当する数値です。

これは、企業の一株当たりの解散価値ともいわれます。

解散価値とは会社が解散や清算したときに株主に残るお金、つまり純資産のことです。

数式 純資産÷発行済み株式数

純資産を株式数で割るのがBPSであるため、数値が高ければ高いほど、その企業の安定性は高いということになります。

逆に、BPSの数値が低いほど安定性を欠く企業と判断されます。

 

BPSの注意点

BPSを投資材料とする際は、BPSの数字だけを見てもどれくらい割安なのかわかりにくいため、PBR(株価純資産倍率)を参考にしてください。

PBR(株価純資産倍率)とは、株価÷BPSで求められる、割安かどうかを判定する指標です。

PBRが1.0倍より低いと割安と判断されます。

1.0倍より低いと割安と判断される理由は、株価はBPSを下回りにくいという傾向があるためです。

株価〔例:500円〕が「1株当たりの解散価値」であるBPS〔例:600円〕を下回る場合は、500円で株式を購入した後に会社を解散させて600円を受け取ると得になるため、株価はBPSを下回りにくいという傾向があります。

つまり、株価÷BPSであるPBRが1.0倍よりも小さい値になったときが割安ということです。

 

最後に少し宣伝です。

株式投資についての用語や基本を勉強をしたいという方は、高額な商材やオンラインサロンは全く必要なく、『めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ザイが作った「株」入門 』のような信用のある本を読めば十分です。

基本的なことはこの本を読めば十分にわかるので、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

-投資